FDAロゴ   お問い合わせサイトマップ更新履歴
全国共通フリーダイヤル
 
FDAとは 協会員の活動 指定校・認定校 セミナー情報 試験情報 求人情報 お知らせ 資料請求
 教室運営・開設をお考えの方へ 学校関係者の方へ マスメディアの方へ FDA会員の方へ 
協会員の活動
 
活動レポート花の現場から
 
活動レポート医療の現場から
 
認定校主催イベント情報
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
楽しい時間を過ごすことが一番大切
FDA認定校 フェアリー 主宰
外山 千咲さん(静岡県)
フラワーデコレーター協会より、静岡県富士市の池辺クリニックでパーキンソン病の患者さんを対象とした講習会の依頼をいただきました。

パーキンソン病についての知識があまりなかったので、医学書で調べたりしましたが個人差があるようなので、日本イーライリリー株式会社の担当者の方に、当日、受講される患者さんの状態をお聞きいたしました。そうしたところ、ハサミを自分で使える方、ハサミを使えない方、様々な方が受講されるということで少し悩みましたが、ハサミを使えない方にはお手伝いの方が付いてくださるということなので、講習会を楽しみの時間にしていただきたいなと思いました。

季節感を大切にしたいと思い、4月28日で、5月のお節句の近くでしたので花菖蒲を使いました。他は、カーネーション、ベラドンナ、ソリダコ、スターチス、クラスベディアなどの花を選びました。さわやかで、やさしいイメージを出したかった事と、受講される方たちにちょっと、変わった花も見ていただきたいなと思いながら花材を決めていきました。

当日は、自分が思っていたより、患者さんの状態が様々だったので、少し戸惑いましたが、看護師さんやお手伝いの方がとても明るく優しい方たちばかりでしたので、私は、励まされたような気持ちになって、落ち着いて、レッスンを始めることができました。花材を一種類ずつ説明し、お節句の由来などの話をさせていただきました。話の途中、「ああ、もう5月になるんだねぇ。」と、一人の患者さんが言うと、他の患者さんがうなずいていたのが印象的でした。挿し方や花の向き等の具体的な説明をした後、「皆さんが、楽しい時間を過ごすことが一番大切、わからないことがあったら何回でも聞いてください。」と言ってから実技に入っていきました。

作品の制作が始まると、ハサミが使える患者さんたちは、花を持ちながら、ニコニコと楽しそうに、「これは、ここでいいのかなぁ。」などとおしゃべりをしながら制作をしていました。ハサミや花が持てない患者さんにはお手伝いの方が、いろいろと、患者さんの気持ちを聞きながら、とても親切に対応してくださいました。アドバイスをしたり、おしゃべりをさせてもらったりとお一人ずつ回らせていただき、和やかでとてもいい感じで、進んでいきました。作品が出来上がる頃にはみんな口々に「きれいだね。」、「きれいだね。」と何回も言って、とても素敵な笑顔を見せてもらえました。患者さんの一人に「また来てください。」と言っていただいたときには、とても嬉しく、みなさんに感謝の気持ちで一杯になりました。

今回の講習会を終えて、患者さんたちのがんばっている姿やそれをサポートしてくださっている看護師さんや、お手伝いの方、人と人との繋がりってとても素晴らしいものだと感じました。そして、花を通して皆さんと同じ楽しい時間を過ごさせていただいたことが、とても勉強になりました。今回の良い経験をさせていただきましたことを、日本イーライリリー株式会社の方々、池辺クリニックの先生、看護師の方々、お手伝いをしてくださった方々、フラワーデコレーター協会の皆様に心からお礼申し上げます。
教室運営・開設をお考えの方へ学校関係者の方へマスメディアの方へFDA会員の方へお問い合わせ資料請求
Copyright (C) FLOWER DECORATORS ASSOCIATION. All Rights Reserved.