FDAロゴ   お問い合わせサイトマップ更新履歴
全国共通フリーダイヤル
 
FDAとは 協会員の活動 指定校・認定校 セミナー情報 試験情報 求人情報 お知らせ 資料請求
 教室運営・開設をお考えの方へ 学校関係者の方へ マスメディアの方へ FDA会員の方へ 
協会員の活動
 
活動レポート花の現場から
 
活動レポート医療の現場から
 
認定校主催イベント情報
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

おしゃべりが楽しくなるアレンジメント

FDA認定校 アトリエぷち・ぽっと 主宰
原山 照江さん(東京都八王子市)
 今年も梅雨の時期に入ったかな〜と思われる6月9日、八王子の裏高尾にあります駒木野病院でアレンジメントの講習会をして参りました。梅が咲く季節は、この病院の近くを通りながらの散策コースになるらしいのですが、この日は平日とあり、この病院にいらっしゃる患者さん達の姿が目につきました。
 梅雨の合間の束の間のお天気に恵まれまして、レッスン時間にはほどよい気温になり快適でした。
 デイ・ケアを受ける方達の為、11時半のお食事から逆算しまして、午前9時半から開始することに致しました。お花によって元気になっていただくことが私の今日の役目です。
 間もなく患者さん達が少し不安気にして女性のワーカーの方に付き添われてお部屋に入ってこられました。女性がほとんどでしたが、若い男性も一人いらっしゃいました。席についてお花が配られますと、とたんに「わぁきれい!」と声が出ました。それまでこわばった顔で視線がとても痛かったのですが、急に和やかな雰囲気になりまして、お花の説明を始めましたら興味深々の表情に変わり始めました。ビタミンカラーにウエイトをおいて花選びをしました。オレンジのガーベラはジューシーなフルーツのオレンジやお日さまを連想し、黄のアルストロメリアはレモンをイメージし、また黄は東洋医学では口や消化器に関わる色とされ胃腸の働きを活発にすると言われています。かすみ草はベビーズブレスと別名を持つほどの優しさとやわらかさを感じさせます。他にはクジャク草やイタリアンルスカス等を使用しました。そして、食欲の出る色合いのテーブルアレンジで楽しくおしゃべりができ、心を弾ませて下さることを願いました。
 さて、スポンジの説明を始めましたところ、器にスポンジを入れる際にお手伝いをして下さった ソーシャルワーカー(男性)の方がご自分のテーブルの方々にすか
 

さず「びっくりしたよ、水から出した時、ジャージャー水がこぼれると思ったんだけど、振れば少し水が出る位で、あとはこの中に入っているんだよ」と、すごい発見をしたようにお話しておりました。また、患者さんの一人はスポンジにお花を挿した途端に「わぁ〜!柔らか〜い!!」と、声を上げました私は感動しました。ずっーと忘れかけていたあたりまえと思っていたことに新鮮な心の響きを覚えたからです。
  皆さん、はじめは戸惑っていたようでしたが、どんどんおもしろくなってきたようで、途中休憩時間を取るように予定されていたのですが、ほとんどの方が席を立たずに夢中で活けておりました。丸い形を目安にしましたが、あまりこだわらずに制作していただきましたので、本当に楽しそうでした。そして、それぞれ個性溢れる作品ができあがりました。若い男性の方は私にスケッチブックを見せてくださり、思いのままに花をスケッチし詩を添えて書きためているのだそうです。(私にも少しはこういうロマンチックな面があってもいいんじゃないの?なんて無理を承知で自分に問いかける愚かな私がおりました。)今回のアレンジもスケッチするそうで、とても嬉しそうに話していらっしゃいました。
 皆さんがそれぞれお作りになったアレンジを食卓テーブルに置いてお食事をなさるそうです。どんな楽しいお話で盛り上がったのでしょうか。最後に皆さんご自分の作品を持ち、集合写真を撮り終了しました。
  昨年秋に初めてお話をいただき、講習会をさせていただき、その時はどうしたらいいものかと悩んだり緊張したりしましたが、今回は二度目ということで少し気持ちに余裕ができまして準備の段階からゆったりペースで進めることができました。
  その都度、新しい発見と感動を覚え、このような経験をさせていただけることを深く感謝申し上げます。ありがとうございました。

教室運営・開設をお考えの方へ学校関係者の方へマスメディアの方へFDA会員の方へお問い合わせ資料請求
Copyright (C) FLOWER DECORATORS ASSOCIATION. All Rights Reserved.